株式会社ウイルハーツ

障がい者雇用事例

ウイルハーツでは、様々な障がいを抱えながらやりがいをもって仕事に取り組んでいる社員が数多く存在します。障がいの種別は異なりますが、能力や経験、資質を最大限に生かし、身に付けた技術を大いに成長させています。また障がいの度合いに関係なく、最適な環境で生き生きと仕事に取り組めるよう、本人の希望や働きやすさへの考慮を大切にしています。

採用実績のある障がいの種別

  • 体幹
  • 上肢
  • 下肢
  • 聴覚
  • 発達
  • 知的
  • 精神

 

仕事例と社員の声

印刷事業、WEB制作事業、シェアードサービス事業の多様な業務のなかで、なくてはならない人材として活躍する社員をご紹介します。WEBサイトの制作やパンフレット・ポスターの制作などクリエイティブな仕事に携わる人もいれば、営業で活躍する人もいます。もちろんシェアードサービスの事業を通じて、社内またはグループ会社全体のサポートなどで意欲的に働く人も多数在籍しています。

社員のこえ

業務部 業務1課
シェアードサービス
(2010年4月入社)

S.Rさん

障がいの種類

知的障がい

業務内容

会社施設内の清掃業務、グループ社員向けの作業着管理(アイロン当てを担当)

仕事への取組みについて

わたしは会社施設内の社員研修室や、施設全体の廊下などの清掃業務と、シェアードサービスとして管理されグループ会社内で使用される作業着のアイロン当てを担当しています。雑巾がけやモップがけなどの作業を同じ担当の社員と交代で協力しながら手際よく行っていきます。清掃なら「窓ふきは外枠から拭く」、アイロン当てなら「皺にならないよう、うまく布地を引っ張りながら当てていく」など自分なりに工夫している手順には特に気をつけながら業務に取組んでいます。

これからの自分と仕事について

効率よく業務を進めるために今よりもっとスピーディに作業が進められるようになれたらと考えています。
丁寧なアイロン当てや、毎日行う清掃業務で施設などを綺麗に保ち、使用する方はもちろん、自分自身も気持ちよく仕事ができればいいなと思っています。

社員のこえ

業務部 業務2課
WEB制作
(2010年5月入社)

Y.Tさん

障がいの種類

精神障がい

業務内容

ホームページ制作

仕事への取組みについて

お客様から依頼を受け、ホームページの制作やWebシステムの構築を手掛けています。綿密なヒアリングを行い、お客様のご要望のほか、潜在的な課題解決やより効果的な目標達成のためのご提案を行っています。非常に進化が早い業界ですので、常に新しい情報と技術をもっていることがWEB制作にとって、とても大切になっていきます。精神的な障がいはありますが、どのようなWEB制作の依頼においても技術的な遅れを取ることがないようスキルを磨く努力を常に続けています。

これからの自分と仕事について

まだまだ伸びしろのある分野ですので、さらなる事業の拡大を目指します。
10年前と現在ではWeb制作の進め方はかなり変わりました。この先の10年後には想像もつかないような制作方法に様変わりしているでしょう。そのようなWebの進化を現場で体験することはとても楽しいです。

 

 

ホームへ戻る
ページのトップへ戻る