株式会社ウイルハーツ

個人情報保護方針

1.個人情報の取得
個人情報の取得において、ご本人に利用目的をあらかじめ通知・公表、またはその都度書面による明示によって明らかにし、適法かつ公正な手段によって取得いたします。

2.個人情報の利用
個人情報の利用に関し、ご本人にあらかじめ通知・公表、または同意いただいた利用目的の範囲内で利用し、目的外での利用は行いません。ただし、個人情報保護法において例外的にご本人の同意を得る必要がない場合においては、あらかじめ通知等にて明らかにした目的以外での利用を行うことがあります。

3.個人情報の提供
取得した個人情報に関し、ご本人の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。ただし、個人情報保護法において例外的にご本人の同意を得る必要がない場合においては、第三者に提供を行うことがあります。
提供については、以下の各号に留意した上で決定するものとし、提供後も必要かつ適切な監督を行うものとします

  1. 提供された個人情報の漏えいや盗用はさせないこと。
  2. 提供先が別の第三者に提供を行うに当たっては、あらかじめ文書をもって当該事業所者の了承を得ること。
  3. 提供先における保管期間、管理方法、利用目的達成後の処理(返却、破棄もしくは削除)の方法を明確にすること。
  4. 提供先における情報処理が適切かつ確実になされること。
  5. 提供先における安全管理上必要な場合以外のデータの複写等を禁止すること。

4.個人情報の安全管理措置
個人情報の正確性及び安全性確保のために、個人情報への不正アクセス,個人情報の漏えい,滅失又はき損の予防措置を実施し、問題発生時には速やかに是正措置を実施いたします。

5.従業者及び委託先の監督
個人情報の安全管理のために、従業者に対する必要かつ適切な監督、ならびに定期的に適切な教育を行います。
個人情報の処理等を外部に委託する場合には、十分な個人情報の保護水準を満たしていると認められる事業者を選定し安全管理が図られるよう委託先に対し、必要かつ適切な監督を行います。

6.個人情報の開示等
ご本人より当社が保有する個人情報の開示等(利用目的の通知・開示・訂正・追加・利用停止・削除)の請求があった場合、ご本人が容易かつ的確に開示等の請求をすることができるよう、保有する個人情報の提供その他ご本人の利便を考慮した適切な措置を実施いたします。(なお、開示に関し、開示を拒否できる場合を除きます。)

7.苦情等への対応
個人情報の取扱いについてご本人から苦情及び相談があった場合には、適切かつ迅速に対応し、そのための必要な体制の整備に努めます。

8.継続的な改善・向上
当社は、関連する法令、その他の規範を遵守すると共に、社会的環境の変化に合わせ、個人情報保護に対する取り組みの定期的な見直しを行い、個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善・向上に努めます。

2008年12月1日 制定
2015年1月1日 改訂
株式会社ウイルハーツ
代表取締役社長 福岡 賢治

ホームへ戻る
ページのトップへ戻る